カテゴリー別アーカイブ: ペットに思うこと

ペット(犬・猫)に思うこと PartⅢ

先日お話ししました

孤独死で発見され 死後5日のご遺体の脇に 一匹の猫ちゃんが

生きて 飼い主を見守るようにいたお話し

この場合 生きた猫ちゃんの行く末が 問題になります

いくつかの選択肢を書きました

 

1.部屋片付 ご依頼人が 引き取る

 

2.となり近所・友人・知人に里親になって頂くように 声をかける

 

3.動物病院に託し 引き取って頂く

  病院でははり紙をし 里親募集中をアピールするか

  実験動物としての処置をするか お考えになられるでしょう

 

4.動物愛護センターに連絡して 引き取って頂く

  この場合 一週間里親募集をします

  その後 処理されます

 

5.扉を開けて どうか好きな所へ行って下さいと

  猫ちゃんに頼むことです

  ご縁があれば 何処(いずこ)で幸せに 

元気でいて下さいと 祈ることです

  猫ちゃんには 家猫と 外猫があります

  捨てる神あれば 拾う神ありです

  

カテゴリー: ペットに思うこと | ペット(犬・猫)に思うこと PartⅢ はコメントを受け付けていません。

ペット(犬・猫)に思うこと PartⅡ

遺品整理をしておりますと 伴侶動物の存在があります

 

孤独死で 死後1ヶ月後のご遺体が 発見されました

傍らには 猫ちゃんが餓死していました

 

私共は お部屋のお片付けをさせて頂きますが

猫ちゃんのご遺体を お取り扱うわけには参りません

 

動物霊園に連絡をとり そこで 合同火葬をして頂き

ねんごろに葬った事がありました

 

孤独死で発見され 死後5日のご遺体の脇には

一匹の猫ちゃんが 生きて 飼い主を見守るようにいたそうです

 

この場合 生きた猫ちゃんの行く末が問題になります

いくつかの選択肢を 次回ご紹介致します

カテゴリー: ペットに思うこと | ペット(犬・猫)に思うこと PartⅡ はコメントを受け付けていません。

ペット(犬・猫)に思うこと PartⅠ

人間の伴侶動物として 

犬(わん)ちゃん・猫ちゃんの愛玩(あいがん)動物がおります

その存在は 飼い主にとって 

どれだけ大いなる慰めとなり

また 支えとなり

大いなる喜びであった事か お察しします

 

特に犬(わん)ちゃんは 『 無償の奉仕 』 とでもいうのでしょうか

無邪気なままに 飼い主の気持ちを察して行動します

しかも 言葉も発しないで ただじっと 耐えております

 

飼い主の気持ちを いちはやく見抜き 行動しますが

それに対しての代償・報酬を一切求めません

ただひたすら我欲を捨て 無私となり

飼い主の気持ちに 寄り添うように

まるで 飼い主の喜びは 自分の喜びであるかのような

それだけで自分は嬉しいんです というような顔をしています

 

誠に尊い 優しい心根だと思います

飼い主ご自身が 果して この伴侶動物によって

どんなにか救われ また 教えられることが多かったことでありましょう

カテゴリー: ペットに思うこと | ペット(犬・猫)に思うこと PartⅠ はコメントを受け付けていません。